◆□実践編5~歌おうぜ!フレーズを□◆




人は楽をしたがります。

そうです。楽したがりなんです。

だから、リズム道場に入門したんですよね。

楽するために入門した ⇒ じゃぁ、ここだけはがんばらないとね。

この数週間だけでいいから、ガツンと張り切りましょう。(笑)



━ ━ ━ ━ ━
□フレーズを歌おう
━ ━ ━ ━ ━


どんなフレーズがどこにあるかはつかめましたか?

切り替わりのきっかけはつかめましたか?

全体的な構成は考えられましたか?


そうしたら、次はこれをしましょう。(笑)


【自分のパートと、その時のフレーズの両方を重ね合わせてイメージする。】


フレーズを、歌を歌うんです。


自分のパートが何をやっているのか?

その時のフレーズはどのようなものなのか?


それを把握しなくっちゃぁいけません。


バンド全体で演奏をしている時に、自分のパートだけで精一杯・・・
それではいけません。

自分のパートは何のためにあるのか?

それは、その時のフレーズを際立たせるためにあるはずです。

そうしたら・・・どうすればいいかが見えてくるでしょう。


自分のパートを演奏しながら、フレーズを歌うんです。

フレーズが歌えないで、自分のパートしか演奏できないんだったら、それは音楽にはなりません。

フレーズに合った音を出す。その為には、フレーズを歌うことが一番です。


フレーズだけ歌えても、自分のパートだけができても、ダメです。


同時進行ができないといけません。



その代わり、それができたら、最高のパートになれます。

本当です。みんなでそれができたら、最高のバンドになるんです。


歌ものをやっているのならば、歌を歌いましょう。

インストをやっているのなら、フレーズを歌いましょう。



自分のパートと、歌の同時進行ができるようになった時・・・

それは、すばらしい世界が開けます。


「なんて、歌いやすいバンドなの!!」って

歌の人が思ってくれます。


音楽を演奏していて、曲を演奏していて

一番メインになるのは、フレーズを演奏する人です。


だけれど、そのフレーズを支えている人がいるからこそ、メインが引き立つんです。


ぜひとも、メインを引き立てる天才になってください。


自分だけがメインなんだ!
俺はどうせ脇役・・・
おっと、やっと出番だ!
あいつばっかり目立ちやがって・・・

なんてことは思っちゃダメですよ!!

あなたがいるから、メインが光るんです。